緑のふるさと協力隊

  遠野市では、「緑のふるさと協力隊」(今年度で17人目)を受入れ、地域活力の向上を図るとともに、「遠野市」の魅力を発信しています。

緑のふるさと協力隊とは

「緑のふるさと協力隊」は、 特定非営利活動法人地球緑化センターが 若者の長期農山村活動として、過疎化・少子化に悩みながらも地域を元気にしたい地方自治体と、農山村での活動や暮らしに関心をもつ若者をつなげるプログラムです 。
 参加する若者にスキルや経験は求めません。農山村の人々とおおいに関わって暮らしながら、農作業やイベントなど地域の求めに応じた“お手伝い”に取り組みます。
 それは若者が自分を客観的に見つめ、新しい価値観や人生観を得る機会となっています。
  一方で、農山村にとっては、地域にとけこむ懸命な若者の姿は刺激になっています。隊員の地道な活動が、小さくても確かな地域再生のきっかけになっています。

緑のふるさと協力隊の活動

 4月から3月までの1年間、遠野市の住民として、遠野の自然、風土、文化、住民とふれあい、地域のイベントや農作業、様々な活動を行います

 平成15年度から旧宮守村では一人の緑のふるさと協力隊の隊員が受け入れになり活動しています。その後遠野に定住している方もいらっしゃいます。

たくさん/TONO

 緑のふるさと協力隊のブログです。
 今年度より遠野に派遣になった緑のふるさと協力隊隊員のブログはこのサイト内で運営することになりました。

【管理人プロフィール】
ハンドルネーム:おーたけさん
名前:大竹 侑理
出身:埼玉県さいたま市
生年月日:1月30日(22歳)
趣味:絵を描くこと、本を読むこと。土地の歴史に触れること。
一言:都市で暮らし、大学で文学や民俗学などに触れる中で地域のコミュニティ形成と持続性、ツーリズムなど興味が湧き、ボランティアに参加。地域文化や遠野生活の魅力について発信していきます。

過去のブログ(で・くらすニュース)

緑のふるさと協力隊の過去のブログ「で・くらすニュース」はこちらからご覧ください。

印刷用ページ表示 印刷用ページ表示
印刷用ページを表示させると画像が印刷できます。
なお、不要な部分は印刷されません