躍進みやもり祭り・JAふれあい農業祭

躍進みやもりまつり・JAふれあい農業祭とは?――――

 例年宮守総合支所前で開催される産業まつり。壇上では踊りや神楽、ライブなどの様々なステージを見ることができ、ブースでは市内の農産物・乳製品・乾物・お肉などが販売されます。通常価格よりお安い価格帯でお求めいただけるのも大きな魅力。市内の「いいもの」と出会えるチャンスです。     ――――――――――――――――――

 

 台風の予報により、よもやこれまでかと思われた躍進みやもりまつりでしたが、当日の10月14日はギリギリ難を逃れ、予定通りに決行することができました。

 前日13日の婦人まつりの出し物もおかげさまで大盛況!例年の皆さまの期待を裏切らないパフォーマンスができたと思います。(特に体を張られた地区センター所長、宮守支所長、お疲れ様でした!)

 

 12日と13日に行われる予定だった遠野市産業まつりが台風の影響で中止になった影響か、寒風吹きすさぶなかもお客さんが大勢訪れて下さいました。

 今回も司会進行を担当させていただきましたが、何回か経験を重ねるうちに慣れてきたようで、終わったあとには「前より上手になってたよ!」という嬉しいお言葉も頂けました。

 4月の時点では、自分が司会でアドリブを入れられるようになるとは夢にも思っていなかったので、喋り通しでありながらも成長を実感できた素晴らしい一日でした。

 宮守町内にある保育園の皆さんのお遊戯や和會(なごみかい)さんによる和太鼓の演奏、鱒沢神楽さんによる八幡舞(はちまんまい)など、ステージイベントも大変盛り上がりを見せました。

 

 ↓写真は遠野西中学校吹奏楽部による演奏と応援パフォーマンスの様子。↓

 司会席からの写真で恐縮ですが、中学生の皆さんのエネルギッシュなパフォーマンスがきらきらと輝いていました!軽やかな足取りと身のこなし、リーダーの掛け声や笑顔、どれを見ても本当に素敵でしたね!!

 

 こちらはアコースティックユニット「FLAT」のお二人。ぬくもりのあるギターの音色と共に、まっすぐ空に伸びる歌声が素晴らしいステージでした。

 

  こちらは餅つきの様子。

 

 

 

 ↓手話サークル「やまゆり」の皆さん。普段の活動でもお世話になっている皆さんが参加されていましたが、お人柄が反映されたようなあたたかい歌でした。

 

 

 

 

 この他にも、宮守民謡保存会による民謡披露、宮守吟詠会による詩歌の吟詠、白扇流白扇会による踊りの披露など、さまざまな団体、サークルがステージに立って下さいました。

 

 宮守町という一つの町内に、今回参加されただけでもこれだけ多くの自主サークルが存在し、精力的に活動を続けておられるという事実に驚くと同時に、これからもこういった活動が続けられている限り、地域の力は損なわれないだろうなと思った令和元年の司会でした。

 

 

 イベントの最後はおたのしみの抽選会。今年の景品は岩手産牛肉と飲むヨーグルトでした。予定では10セットだった牛肉ですが、当日の大サービスで17セットとなり、沢山の方が当選しておられました。

 

 \牛肉です!!おめでとうございます!/

 

 

 

 \ 飲むヨーグルトです! /

 

 私も司会さえやっていなければ参加したのですが(笑)過ぎた未練はひとまず置いておくことにして。怪しかった天候も最後まで持ちこたえ、無事祭りの全行程を終えることができました。準備から当日までお手伝いしたイベントだったため、大成功に終わってとても嬉しかったです。来年も是非お越しくださいね!

Pocket

印刷用ページ表示 印刷用ページ表示
印刷用ページを表示させると画像が印刷できます。
なお、不要な部分は印刷されません