- で・くらす遠野 - https://dekurasu-tono.jp -

早池峰神社例祭・宵宮 準備編

 

7月17日

 

 早池峰神社の宵宮に行ってきました!!前々から見に行きたいと思っており、藁にもすがる思いで附馬牛地区センターをお訪ねした所、例祭関係者の方にお話を通して下さり、なんと泊まり込みでお手伝い&見学させていただけることに!やった!

 

 

 

 

 朝の神社と社務所。ひんやりとしていて、準備の人が通る以外とても静かです。夜にはどんな姿になるのだろう…。

 

 

 8時に早池峰神社に着いてから、餅蒔き用のおもちを作る作業が始まります。協力隊が来るのは初めてとのことで、内心ドキドキしながら参加させていただきましたが、作業を始めてからはあっという間。早池峰神楽の舞い手さんの中には自分とほぼ同い年の学生の方もいらっしゃり、すぐに緊張が解れました。

 

 

 

 お母さん方の作るお餅はどれもまん丸。ところでわたしは?というと、ゴツゴツしたお餅ばかりを生成しておりました。熟練の技を垣間見た一幕です。

 

 お昼にカレーを作り、午後からは屋台で出す焼きそばと焼きおにぎり作り。

 

 

 事務所がOKを出してくれなかったので(?)、顔を写さない作業写真。最初は焼きそば担当だったのですが、わたしも焼きたい!と駄々をこね、おにぎり作りをお手伝いさせていただきました。

 ここで使う油と味噌は、どちらも地区で作っているもの。ご飯をおにぎり型に詰め、三角形にしてから、油をひいた鉄板でこんがり焼いていきます。

 

 

 

 

 鉄板に置いたとたん、ジュ~ッという音と共に、食欲をそそる香ばしい匂いが漂ってきました!!やっぱり良い油で焼いたご飯の匂いは最高ですね。焼き加減が上手だと褒められ、調子に乗りながらおにぎりを量産します。

 むし暑いなかで火と向き合っているため、体中から汗が出てきますが、それ以上に目の前のおにぎりが美味しそう。今すぐ食べたいです。

 

 

 この後焼きそばの麺の下準備をして、屋台のお手伝いは一端切り上げ。お母さん方と一緒に魚を焼きたい気持ちもありましたが、夜に行われる神楽の準備と見学に向かいます。

 

 

 神社の前にある神楽の舞台。着々と準備が進む様子を見ながら、日が落ちた後の舞台を想像すると胸が高鳴ります。境内に漲る緊張感を全身で感じながら、開始を待つわたし。静かな空気の中に潜む高揚感に、いてもたってもいられません。ソワソワと蚊取り線香を設置しつつ、時が来るのを待ちます…。

 

 次回は神事!

Pocket