探偵団~妖怪編~

 

 6月29日は、遠野市教育文化振興財団のサポーターとして、ふるさと発見探偵団のワークショップに参加してきました!

 


 

少年少女ふるさと発見探偵団とは?

 遠野市内小学校の4~6年生を対象にした体験活動。市内外から参加される財団サポーターや市内の団体、施設、行政からの協力を受けながら、遠野を楽しく学ぶことを目的に続けられています。レクリエーションやキャンプなどといったイベントを通して、普段は会わない他校の子とも交流が深まるかも?!


 

 この日はサポーターの他、土淵町の遠野みらい創りカレッジ、to knowさんの協力を得ながら妖怪文化について学ぶレクリエーション&ワークショップが行われました。

 

 みらい創りカレッジ内で講師の方のお話を聞く団員のみんな。遠野と佐々木喜善・柳田の繋がり、遠野でよく聞く「妖怪」って?などなど、色々なことを学びました。内容は少し難しかったかもしれませんが、きっと妖怪を見つける手がかりになったはず…!

 

 座学のあとのフィールドワーク。カレッジからカッパ淵まで歩きました。道すがら見たものの中にも、ひょっとして妖怪が紛れていたかも…?

 常堅寺境内、カッパ淵前。天気は曇りで、半袖で過ごすには肌寒いような日でした。妖怪はこういう日に出てくるのです…(個人談)

 

 みんなで妖怪の気配を探します。木の形、草の影、水の中や、瓦の上?どこに潜んでいるか、目を凝らしてよーく見てみよう…。

↑なぜかカメラを向けられる私。妖怪撮影用のカメラであるため、私が人に化けた妖怪である可能性が示唆されました。バレたか…!

 

 その後はみんなで見つけた妖怪を発表しました。次々に出てくる斬新な設定とデザインに脱帽!!小学生の発想力を肌で感じた一日でした。地元にいた頃は子供と触れ合う機会が少なく、今回のように子供たちと一緒に活動するのは初めての体験だったのですが、サポーターさんも団員も個性豊かで、とっても楽しい一日でした!次はSL銀河!

Pocket

印刷用ページ表示 印刷用ページ表示
印刷用ページを表示させると画像が印刷できます。
なお、不要な部分は印刷されません