田植え

 9日。綾織のお米農家である綱木さん宅での活動。最新式田植え機!ピカピカしてます。見た目もかっこよくて少年心がくすぐられますね…。 

 GPSの遠隔操作で自動的に真っ直ぐ走るという優れ物。乗ってるだけで稲が植わります。

 機械の田植えならどこでも経験する苗運び。

 苗を入れて… 

 また車から出す…。入れ物がローラーで滑っていくので楽しかったです。

 この苗も、買ったものを植えたりハウスで育てたり、お家によって育て方にもこだわりがあったりと、知れば知るほど奥が深い。

 運転席の隣に乗せてもらいました。田植え機に揺られながら遠野の風を感じております。いいお天気!

ハンドルが勝手に動くので手は添えるだけのわたし。風が水面に作る模様が美しいです。

 田植えも苗運びも初めての経験でしたが、同じ田植えでも活動先それぞれでやり方が異なっており、たいへん興味深かったです。今回写真を掲載させていただいたお宅の他にも、手植えをされている(今年はなんと二町歩)小友町の勘六縁さんや、遠野の農業を支える宮守川上流生産組合さんの田植えなども体験させていただき、お米作りのスタイルを学ぶことができました。

 勘六縁さん、上流組合さんの田植えでは、作業に夢中で写真を撮るという発想が浮かばなかったためNO IMAGEです。無念!秋の稲刈りの際には忘れずに務めを果たしますので、乞うご期待!(そう言って忘れたりして…)

Pocket

印刷用ページ表示 印刷用ページ表示
印刷用ページを表示させると画像が印刷できます。
なお、不要な部分は印刷されません