しいたけ

 はじめまして。こちらのブログは、「で・くらす 遠野」。一年を通して、わたしの「遠野ぐらし」をひっそりこっそり発信するブログです。都市の喧騒から離れた美しい盆地で営まれるくらし、おいしいごはん、風の声をお伝えしていきたいと思います。

 民俗学における金字塔を生んだ場所として名高い遠野ですが、そこで暮らす方々の生活や地域はどんな姿なのでしょう。着任した4月当時はブログを載せることができなかったため、まずは4月分の活動から書いていきたいと思います。おいしいもの、たくさんあります。

 4月17日には原木しいたけの植菌作業を体験ということで、活動先である梶原儀治さんのお宅に伺いました。
 原木にしいたけの菌を入れていきます。ドリルで穴を開け…

 菌のタネをトンカチでトントンと叩き入れます。

 ピントが合っていません。トントン!

 出る杭は打たれます。

 そしてなんと、大きくなったしいたけをお土産にいただきました!

 これ、都市のスーパーに並んでいるしいたけとは全くの別物です。まず肉が厚い。噛んだときの歯ごたえが全く違う。そして何より、味が濃い!

 都市で気軽に手に入る柔らかいしいたけも好きですが、これはキノコというよりステーキです。問答無用でおいしい。わたしは刻んでフライパンで炒め、しょうゆをかけてごはんに混ぜました。写真はないですが、凝縮したしいたけの味としょうゆのハーモニーが最高でした。美味しかった…これが新鮮な原木しいたけの味。

 地元の方によると、やっぱり網で焼くのが一番とのこと。網焼き、いいなあ…想像するだけでごはんが食べられそう。

Pocket

印刷用ページ表示 印刷用ページ表示
印刷用ページを表示させると画像が印刷できます。
なお、不要な部分は印刷されません